Everyday Mexico City

namiyan.exblog.jp
ブログトップ

『浄瑠璃フラメンコ』


日墨交流400周年記念事業の一つとして
小松原庸子さんの公演があるっていうのでお友達と行って来た。

小松原庸子さんといえばフラメンコ。
なんでも今回は、日本とメキシコの美を融合した舞台
『浄瑠璃フラメンコ』という演目だったので、どんなものになるのか興味津々!

和太鼓とフラメンコギター、意外なほどマッチしてた。
みごと融合していたと思う!
最後まで飽きることなく楽しませていただきました。

フラメンコって、昔習ってみたいな~と思ったときがあったな。
あんな激しく情熱的に感情出して踊れたら、さぞかし気持ちいいことでしょう、、


出演者の男性はメキシコ人(スペイン人?)だったのだけど、
女性同士で観に行けば「あの中で、誰が一番好みだった?」みたいな会話になるわけで、
私的にはどの人胸毛モジャモジャっぽくて無理です、、って感じだった。。

会場からは、男性ダンサーが出てくるたびにキャーーという黄色い悲鳴がすごくて
まるで、嵐のコンサートに来たみたいだ。(実際行ったことないけど)
よく知らなかったけど、あのダンサーたち超有名人だったのかな?


最後には、小松原庸子さんも舞台上に出演されてフラメンコ披露してくださった。
御歳、おいくつかは存じませんが、、迫力あった~~


メキシコでもアンテナ張ってれば色々な芸術に触れることができるのは有難い。



d0181431_713663.jpg

[PR]
by namiyan_510 | 2010-10-08 16:53 | おでかけ