Everyday Mexico City

namiyan.exblog.jp
ブログトップ

メキシコの仕立て屋さん


私が家事の中で苦手なものを挙げるとしたら、アイロンかけとお裁縫。
まぁ、アイロンはどちらかと言えば「面倒くさい」という理由が主ですが。
お裁縫は真に「苦手」。不器用なのです。

編み物とか、刺繍とか、パッチワークとか、6年間の駐在妻生活の間
何度となく一緒にやらない?とお誘いを受けたものの、全てお断り申し上げて来た。

学生時代には、彼氏にカウチンセーターを編むのが流行ってったりしたけれど
これまで男子(夫ホルへー含む)に手編みのものなんてあげたことないし。

うちは子供がいるわけではないので、ボタンがすぐに取れたり、膝のところが破れたり
母さん夜なべで、ミシンかけたり手作りグッズを作ったりするシチュエーションはないので
ほぼ裁縫をする機会がないのはありがたい。

アイロンは、ムチャチャ(お手伝い)のマリアが、シャツもズボンもばっちりきれいに
してくれるので、これまた助かっている。


そんな折、ホルへーのシャツのボタンがいつのまにかなくなってしまい、
放置されたままになっていた。 ボタンは予備がシャツについていたのだけれど、
同じ色の糸がなくてねー(言い訳?)

いい加減にどうにかしなくちゃな、と思い、以前教えてもらったSastreriaに持っていってみた。
Sastreriaとは日本語で「仕立て屋さん」。 Prado Norteに腕のいいSastreriaが
あると教えてもらったのでそちらへ。

日本だと、例えば洋服を買ったときの裾上げなどは、そのお店かデパートのサービスコーナーで
やってくれるけれど、アメリカもメヒコも、買ったお店とは別の「仕立て屋さん」に
持っていかなくてはならないのだ。

たかがボタン付けで・・とちょっと恥ずかしい気もしたけれど、同じ色の糸を探して買うことを
考えたらまぁいっか、、と。。

早速おじさんがたーくさんある糸の中から同じ色をみつけて、ものの2分ぐらいで
すぐにつけてくれた。 お代を聞いたら、タダでいいよ!って! ラッキー☆

今後の参考に、ジーンズの裾上げ料金を聞いたら、90ペソだそう。
日本円で600円弱。 そのぐらいなら気軽にお願いできちゃうわ。


また一つ自分でやらなくても済む家事が増えた。
こんなマダム生活してて、日本に帰ったらやっていけるだろうか?

※ちなみに、メヒコではたいがいの日本人がムチャチャを雇っていて
 決して私だけが怠惰だとか特別とかいうことではありません!あしからず。



d0181431_981814.jpg



SASTRERIA Y REPARADORA DE CALZADO VENCES
Prado Norte No.525 P.B.-3
Col. Lomas de Chapultepec
Tel: 4168-5165
Entrada por el Estacionamiento del edificio
(Prado Norteにある郵便局の並びの駐車場を入って左奥)
[PR]
by namiyan_510 | 2011-08-16 19:34 | 日々のできごと